忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



元気ナースの旅日記・九州旅行トップへ
元気ナースの旅日記・東日本へ
  元気ナースの旅日記・西日本へ
ブログ元気元気トップへ

スポンサードリンク


[ 2017/10/22 19:05 | ]
九重夢大吊橋
2010年4月6日(火)
大分県九重町・筋湯温泉の九重悠々亭を出発9:58(0km)。昨日からあちこちに看板がでていた「日本一の九重夢大吊橋」到着10:19(12.2km)。

さすが日本一。おおきいですねえ。まわりにお店や、レストランもあって、一つの小さな村ができていました。

写真をクリックすると拡大できます

【九重”夢”大吊橋(ここのえゆめおおつりはし)】は平成18年10月30日落成式 同日正午より営業開始とのこと。今年は平成22年だからまだできて4年のあたらしい橋なのですね。

総工費 (周辺整備費を含む) 約20億円 国・県の補助なしということは、九重町で作ったのでしょうか。数少ない黒字の橋と言うし、たいしたものですね。

私達が通った時も大勢の人々でにぎわっていて、写真を撮るために人がいなくなるのを待っているのが大変でしたから、黒字になるのもうなづけます。

●標高 777m ●高さ 173m ●長さ 390m ●渡橋の所要時間  往復約13分(散歩する速度で)

高さはかなり高く感じました。高所恐怖症の人は大変でしょう。長さは往復13分ですからたいしたことはありません。ご老人が多く歩いていました。

途中で振動の滝を見たり、写真を撮ったりしますから、13分では往復できませんけどね。

夢大吊橋の入り口↓     途中↓        対岸に渡って↓
       
写真をクリックすると拡大できます

途中で、名前の通り橋が振動するかのような大きな音をたてて水が落ちている振動の滝を見ました。遠くてあまり良い写真がとれなかったです。


■入場料金  中学生以上 500円   小学生     200円

団体割引 30名以上 10%引き
※片道でも往復でも同じ(渡橋料金ではなく入場料金としています。)

【九重”夢”大吊橋(ここのえゆめおおつりはし)】と言う名称は
平成18年4月15日~平成18年5月19日までの一般応募により5,890点の中より選ばれ命名されたのだそうです。 いい名前ですね。

■駐車場 が無料だったのはうれしいですね。入場料の他に駐車料金をとられると腹が立ちます。

PR


元気ナースの旅日記・九州旅行トップへ
元気ナースの旅日記・東日本へ
  元気ナースの旅日記・西日本へ
ブログ元気元気トップへ

スポンサードリンク


[ 2010/06/07 00:25 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択 ]

トラックバック

トラックバックURL:

コメントを投稿する






<< 榎本孝明美術館  |  ホーム  |  筋湯温泉・九重悠々亭 >>