忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



元気ナースの旅日記・九州旅行トップへ
元気ナースの旅日記・東日本へ
  元気ナースの旅日記・西日本へ
ブログ元気元気トップへ

スポンサードリンク


[ 2017/10/22 19:06 | ]
九重温泉郷・竜門の滝
2010年4月5日(月)
大分県中津市深耶馬溪の一目八景を出発15:20して、大分県九重町・九重温泉郷の龍門の滝に到着15:48(109.3km)。

龍門の滝の駐車場にはまだ桜が残っていた。駐車場からどれぐらい歩いたか忘れてしまったが、それほど遠くなかったと思う。

目の前に開けた滝はすばらしかった。以前、写真では見たことがあったけれど、やはり実際にみなくちゃスケールも、雰囲気も分からないものだ。

九重温泉郷の看板↓         龍門の滝の駐車場↓        龍門の滝↓
             
写真をクリックすると拡大できます。

龍門の滝の前に一本の桜が咲き残っていたのがなんともうれしい。
やはり桜はいいなあ。

    

九重町観光協会のホームページより龍門の滝の説明を抜粋しておく。

溶岩台地を磨くような落差20m、幅 40mの滝。2段になって落下、下段では滝すべりを楽しむことができ、夏には滝の音に負けない子供達のはしゃぎ声が響く。鎌倉時代に宋からの渡来した僧・蘭渓道隆禅師が河南府の竜門の滝に似ていると命名した。竜門寺境内の正面からも滝を見下すことができる。国の名勝。

PR


元気ナースの旅日記・九州旅行トップへ
元気ナースの旅日記・東日本へ
  元気ナースの旅日記・西日本へ
ブログ元気元気トップへ

スポンサードリンク


[ 2010/06/02 21:32 | Comments(0) | TrackBack(0) | 旅日記 ]

トラックバック

トラックバックURL:

コメントを投稿する






<< 筋湯温泉・九重悠々亭  |  ホーム  |  深耶馬溪と一目八景 >>