忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



元気ナースの旅日記・九州旅行トップへ
元気ナースの旅日記・東日本へ
  元気ナースの旅日記・西日本へ
ブログ元気元気トップへ

スポンサードリンク


[ 2017/10/22 19:04 | ]
西郷隆盛誕生地
西郷隆盛誕生地

2010年4月12日(月)
東横イン鹿児島天文館Ⅰ出発9:15(0km)

写真はすべてクリックすると拡大します。

写真1.西郷誕生地の碑       写真2.西郷邸庭園跡庭石  写真3.西郷・大久保らの学び屋
        

写真1.西郷隆盛誕生地の碑
    (鹿児島市加治屋町 )
    加治屋町は西郷隆盛、従道、大山巌、東郷平八郎、山本権兵
    衛なども排出した町とのこと。

写真2.西郷邸庭園跡庭石
    こんなに大きな庭石があったのだから、かなりりっぱな邸宅だっ
    たのでしょうね。

写真3.西郷・大久保らが巣立った学び屋
    薩摩藩では郷中教育(ごちゅうきょういく)という独特の青少年
    教育システムがあり、それは教師無き教育というのだそうだ。
    つまり、先輩が後輩を指導するシステムなのだ。同輩は助け合
    いながら教えつつ学び、学びながら教える。すばらしい教育法
    だと思う。
    教えると本当に良く理解できまた覚えることができるのだから、
    薩摩が優秀だったこともうなづけるというものだ。
    この方法、現代でも応用できると思うのだが、実施している
    ところはないのだろうか。


写真はすべてクリックすると拡大します。

写真4.維新ふるさと館       写真5.篤姫(あつひめ)居室再現   写真6.西郷隆盛と犬

            

写真4.維新ふるさと館
    西郷誕生地のすぐ隣にあって、幕末の薩摩の資料などが
    展示されていた。 維新の映画もあったようだが覚えていない。

写真5.篤姫(あつひめ)居室再現
    2009年のNHK大河ドラマ「篤姫(あつひめ)」と西郷を
    思い出した。

写真6.西郷隆盛と犬
    出口にあったが、見慣れた西郷さんの顔とはだいぶ違って
    いた。
    今回、改めて、西郷さんはなぜ犬を連れているのだろうと
    思い、ヤフーの知恵袋を見ると

愛犬「つん」を従えて、ウサギ狩りに行く姿を銅像の題材にしたためです。
※本当の「つん」は薩摩犬のメスですが、銅像を作る時には既にいないため、海軍中将(?)の雄の飼い犬をモデルにしています。


とのことです。ウサギ狩りに浴衣姿で行くものなんでしょうかねえ。
   ちょっと不思議です。それが西郷さんなのでしょうか。
   ちょくちょくウサギ狩りをしていたのでしょうか。疑問?
PR


元気ナースの旅日記・九州旅行トップへ
元気ナースの旅日記・東日本へ
  元気ナースの旅日記・西日本へ
ブログ元気元気トップへ

スポンサードリンク


[ 2010/08/26 16:00 | Comments(1) | TrackBack(0) | 旅日記 ]

トラックバック

トラックバックURL:
1. posted by HAMMER  2010/08/26 22:59
ザビエルの上陸地について検索していて辿り着きました。きれいな写真も多くて、良い旅日記ですね。これからもお元気で旅行をお楽しみ下さい。
維新ふるさと館の西郷さんの浴衣(?)は、ずいぶんと丈が短いですね。
Re:無題
>ザビエルの上陸地について検索していて辿り着きました。きれいな写真も多くて、良い旅日記ですね。これからもお元気で旅行をお楽しみ下さい。
>維新ふるさと館の西郷さんの浴衣(?)は、ずいぶんと丈が短いですね。

コメント第一号です。ありがとうございます。間違って返信に何も書かないで送信したようです。ごめんなさい。

自分だけの旅日記でも良いつもりで書いていますが、読んで下さる方があれば
張り合いがあります。また、来て下さいね。 元気ナースより
2010/08/28 15:15

コメントを投稿する






<< 知覧特攻平和会館  |  ホーム  |  ザビエルと我は海の子 >>