忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



元気ナースの旅日記・九州旅行トップへ
元気ナースの旅日記・東日本へ
  元気ナースの旅日記・西日本へ
ブログ元気元気トップへ

スポンサードリンク


[ 2017/10/22 19:06 | ]
ザビエルと我は海の子
ザビエルと我は海の子

2010年4月11日(日)
仙巌園(島津家別邸)別名磯庭園出発14:05
祇園之州(ザビエル上陸地)着14:17(12.4km)

写真はすべて、クリックすると拡大します。
        
写真1.ザビエル上陸地      写真2.ザビエル上陸記念碑   写真3.我は海の子の碑

写真1.日本にキリスト教を最初に伝えた聖フランシスコ・ザビエルは有名ですが、最初鹿児島市に上陸したことは知りませんでした。

写真2.ザビエル上陸記念碑(鹿児島市)は ザビエル一行が薩摩国祇園之洲あたりに上陸したことを記念して、鹿児島市祇園之洲公園に1978年に設置。かつてこの公園(新祇園之洲)は浅瀬の干潟で1970年代の埋め立てによって作られた土地。実際の上陸地は旧祇園之洲 だったとのこと。

写真3.我は海の子の歌詞は作詞者宮原晃一郎が幼少期をこの地で過ごしたことを思い出して作ったとのこと。原作とは多少変化していて、色々な逸話があるようだ。
歌碑には3番までしか歌詞がないが、実際には7番まであるのだそうだ。知らなかったなあ。

昭和17年(1942年)12月(初等科音楽四)では
われは海の子(宮原晃一郎作詞、作曲者不詳)

1.われは海の子、白浪の、さわぐいそべの松原に、
煙たなびくとまやこそ、わがなつかしき住かなれ。

2.生まれて潮にゆあみして、浪を子守の歌と聞き、
千里寄せくる海の気を、吸いて童となりにけり。

3.高く鼻つくいその香に、不断の花のかをりあり。
なぎさの松に吹く風を、いみじき楽とわれは聞く。

4.丈餘のろかいあやつりて、 ゆくて定めぬ浪まくら、
ももひろちひろ海の底、遊びなれたる庭廣し。

5.いくとせここにきたへたる、鐵より堅きかひなあり。
吹く潮風に黒みたる、はだは赤銅さながらに。

6.波にただよふ氷山も、来たらば来たれ恐れんや。
海巻きあぐる龍巻も、起らば起れおどろかじ。


7.いで大船を乗り出して、われは拾はん海の富。
いで、軍艦に乗組みて、われは護らん海のふ國。

(社)西部海難防止協会 鹿児島支部のページより引用


祇園之州公園出発14:28
多賀山公園着14:32(13.2km)

        
写真4.多賀山公園案内図    写真5.東郷平八郎墓地      写真6.東郷元帥像

東郷平八郎とは
(1847-1934) 海軍軍人。大将・元帥。薩摩の人。日露戦争の際、連合艦隊司令長官として日本海海戦を指揮、バルチック艦隊を破った。ロンドン軍縮条約では締結に強硬に反対。  三省堂提供「大辞林 第二版」より


多賀山公園出発15:17
再び朝散策した南州公園着15:34(18.9km)

もう一度城山展望台や西郷隆盛の顕彰館あたりをうろつき、鹿児島市の総氏神さま である島津齊彬公を祀っている照国神社におまいりした。↓



照国神社出発18:10
東横イン鹿児島天文館Ⅰ着18:19(本日走行距離25.0km)
この旅行の全走行距離1883.3km)
鹿児島市内をぐるぐる回った一日だった。
PR


元気ナースの旅日記・九州旅行トップへ
元気ナースの旅日記・東日本へ
  元気ナースの旅日記・西日本へ
ブログ元気元気トップへ

スポンサードリンク


[ 2010/08/16 00:32 | Comments(1) | TrackBack(0) | 旅日記 ]

トラックバック

トラックバックURL:
1. posted by PoetsNeataDer  2011/09/02 21:50
すべては、することができます

コメントを投稿する






<< 西郷隆盛誕生地  |  ホーム  |  仙巌園(島津家別邸) >>